« 2008年5月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年6月30日 (月)

三叉神経痛

先週末から頭の痛みに苦しんでいましたが、薬が効き痛みを和らぎ、MRIの診断結果では、脳に異常なしで、圧迫している血管もなさそうとの事でした。メール下さった方、このブログを見て下さった方、大騒ぎしてしまいスミマセン。またご心配おかけしました。

ただ三叉神経痛であるのはほぼ間違いない様で、また痛みが出る場合もあるとは言われました。確かにまた痛みがきたらと思うと怖いですが、この三叉神経痛の痛みで手術をせざる得ない人もいるので、悩んでいる方々がいると思うと心痛むし、健康第一を痛感しました。

| | コメント (1)

2008年6月22日 (日)

とある病気に・・・

三叉(さんさ)神経痛weepになったらしい。読んで字の如く、顔の3方向に別れた神経の痛みである。激痛も激痛、今まで感じた事のない痛みで、ネットで調べていくと、痛みでその場にうずくまる人もいるらしい。それもオーバーではなさそうだ。痛風になった事はないが、きっと頭の痛風と呼べる痛みではないだろうかsad。その証拠に医者で薬をもらう前は、頭に風が当たるだけで痛みが走った。薬のお陰で痛みを抑え何とか土日の競馬中継を終え、本当にホッとした。 原因は何だか分からない。頭の神経に血管が触れ邪魔しているのか腫瘍ができてしまったのか、ヘルペスによるものだったりと幾つかあるらしい。医者からもらった薬が効き、またネットで調べた症状とほぼ一緒だから、おそらく三叉神経痛で間違いないだろう。成功の可能性が高い手術らしいが、だからと言って手術はやはり怖いし、ちゃんと調べてもらわないとダメだなぁ。

調べていくと、出るとすれば中年の女性に多い症状らしい。まてよ、俺はまだ33(もう中年かな)、しかも男だぞ・・・。ついてなさ過ぎと思ったけど、よく考えればそうでもないかも。痛みが酷くなり、出張中のホテルに問い合わせたところ、正直しっかり調べてよと思う結果。1件しか調べてもらえず、その病院が午前中で受付終了。仕方なく自力で調べて行った病院で、よく診てもらい薬も合って、無事放送を終えた。とても幸運に思えてきた。 何事も「ついていない」と思いがちだけど、実はもっと悪い事になっていたはずが、そうならずに済む事がある。それはとてもラッキーな事なのではないか、「崖っぷちで踏ん張れる運が自分にはある」と思えるだけで、前向きになれた。

もう1つ勉強になった事がある。今朝も起きて直ぐに痛みが走った。早くも、1日が憂鬱に感じられた。だけど、私より重い病気で戦っている人もたくさんいる。目を覚まして、痛みが走れば「またか、今日もか」と思うだろう。今までその様な事を考えなかったし、考えずにすんでいた。どこか他人事になっていたのだろう?、三叉神経痛は命に係わる病気ではないが、病と戦っている人の気持ちのほんの少しでも感じる事ができる様になったかもしれない。

薬がきれれば、かなり痛い。でもこの痛みの代償から得た物も大きい。「ちっ、また痛みが出やがった」今もそう思いますが、少しは成長できたかなと思える自分がいます・・・と思えたわけだから、もう早く治したいですねsweat01

| | コメント (1)

2008年6月 9日 (月)

ウオッカに酔い、酔わされました!!

第58回 安田記念はウオッカの快勝。久々の勝利に67000人近くのファンも暖かい拍手と歓声をいつまでも送り続けていた。入場人員こそ、ダービーにはとても敵わないものの、拍手の温かさ・歓声は春の東京GIでダントツ!!。改めてウオッカのスター性を感じさせてくれたconfident

さてレースは、「最初からインを狙っていた。その為にも好位置を取る為に前に行った」の岩田騎手の読み通りの好騎乗!!。昨年のJCで勝った時も馬場を読み、アドマイヤムーンを勝利に導いた岩田騎手ならではのファインプレーと言えるflair

JCで4着に負けた時、四位騎手が「他の馬とぶつかっても全く怯まない、闘争心があった」と話している。「ならば内枠は気にせずプラスのはず、それに阪神JFでは、2番枠で我慢のレースが出来ていた」と思っていたが、その通りの結果になった。

しかし人間の固定観念?とは恐ろしいもので、ウオッカは溜めれば溜めるほど、ラストの脚が凄いと皆思い過ぎていたのではないかsign02。阪神JFは今から1年半程前だ、それなのにその記憶すら曖昧になりつつなっていたのでは。もっともダービーの勝ち方が余りにも劇的過ぎて、他の全てを忘れさせてしまうぐらいインパクトを与えたのも事実sweat01。この勝ち方がウオッカの本来の姿である可能性もあるのだ。

有馬記念、ハーツクライでルメール騎手が、誰もが想定外の先行競馬であのディープインパクトを抑えて勝利した様に、固定観念に縛られない事がサプライズを演出し勝利を掴む事がある。そこには失敗を恐れない勇気と大胆さが求められるだろう。ウオッカの新たな可能性を見出した、いや本来の姿を取り戻させた岩田騎手には脱帽というか、今思えば私が酔ったのは、ウオッカではなく岩田騎手の騎乗だったのかもしれないbar

※馬券は2着のアルマダ本命で、ただ3着が・・・。エイシンドーバーをパドック・返し馬を見て16着ニシノマナムスメと評価を上下させてしまい大失敗。ガッカリweep

※それと、土曜日に結婚した旧姓Kさん。改めましておめでとうございます。4月4日生まれウオッカと同じ誕生日あなたの為に頑張れ馬券を買っておけば良かったと・・・。思ってはいたんですけどね。馬見ることに一所懸命で忘れてしまいました・・・。それで馬の評価を間違えていては、本当に世話ないですねdown

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年10月 »