« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

人面魚( ̄□ ̄; )!

人面魚( ̄□ ̄;<br />
 )!

う〜ん、確かに似ている・・・

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

江ノ島が見えてきた♪

江ノ島が見えてきた♪

とサザンの歌を口ずさみたくなる天気(^-^*)、湘南海岸沿いも通ってきました。

今日は箱根駅伝のコース下見会。箱根湯本駅からバスに乗りまずは芦ノ湖へ、快晴の青空に白く雪化粧した富士がそびえ立つ。芦ノ湖も波が穏やかで、見ているだけで心落ち着く景色。でも、もっとゆっくりしたい気持ちを抑えスタッフは次の中継所小田原、蒲鉾で有名な鈴広前へ。ここではお約束の試食・・・、揚げ蒲美味しゅうございましたm(_ _;)m

更にバスは進んで、3区と8区のコース湘南海岸沿いへ。写真は浜須賀の歩道橋から撮った江ノ島。でもここで、あるスタッフはサザンと聞いて「さざんかの宿」を歌っていました・・・て手強い親父ギャグだぁ(;^▽^A

こう書いていると何の仕事もしていない様に思えますが、中継ポイントの関係各所への挨拶回り。交差点名や建物に違いがないか1つ1つチェック他諸々・・・。片道200キロ以上のコースをチェックする1日がかりの大仕事です。

この仕事を終えて、箱根に向けてよりスタッフの心が1つになります。今年は往路も復路もスタート・ゴール担当だぁ。早朝から飛ばしていきまっせー(ノ-_-)ノ 〜┻━┻

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

ジャパンカップを終えて・・・

ジャパンカップを終えて・・・

終わってみればディープインパクトが圧倒的な強さで、再び羽ばたいた。人間の手によって突き付けられた汚名を自らの走りで払拭した。競馬は人生と同様?1度ケチがついてしまうと、不思議とその後結果を出せなくなる馬もいるのだが、ディープは違った。やはり選ばれた特別な馬だという事だろう。昨年初めて負けた有馬記念でのラストラン、雪辱を果たす舞台。シンボリルドルフ・テイエムオペラオーに並ぶ7冠。この馬にはいつもドラマが付き纏う。今度はどんな感動を与えてくれるのだろうか?

ディープとは明暗を分けたのがハーツクライ。騎乗したルメールは「直線に入って急に手応えが失くなった。喉鳴りはいつもの事だし、調教もあれだけ素晴らしかったのに・・・何故だか分からない」と首を傾げる。最大のライバルの有馬に向けての立ち直りは難しいのか、それとも今日は参考外か?。

もう1度話しをディープに戻そう。菊花賞・天皇賞(春)と2度実況したが、この馬のレース程喋り辛いレースはない。「レースは馬が作ってくれる」とベテランアナウンサーから言われた。確かにその通りだとは思うが、ディープにはそれが当て嵌まらない。ディープインパクトは様々な人達の思いをしょって走る。その思いを代弁しながら、目の前に起きた現象を忠実に実況していく。普段の競馬実況に計り知れない+αが求められる。ディープvsアナウンサーの闘いである。

ただ、だからこそもう1度喋りたい思いが強い。残念ながら有馬は私の担当ではない。もう2度とディープ以上の馬は出ないかもしれない。届かぬディープへの片想いを胸にラストランを見ようと思います。

長々と偉そうにスミマセンm(_ _;)m

| | コメント (1)

2006年11月24日 (金)

天気予報が外れたら・・・

昨日はスタジオでニュース読みの勤務。天気予報も担当する。で、夕方5時の天気予報「今日は曇り、夜晴れ。降水確率夕方6時以降20%」・・・これなら雨の降る確率はかなり低いでしょう!?。レーダーにも雨雲写っていないし「曇り空ですが、この後雨の心配はなさそうです」と言っちゃいましたよ。

・・・そうしたら我がさいたま市はまんまと雨(T_T)。こんな時って立場ないよなぁ・・・余計な事を言った俺も悪いよ、でもさぁ20%よ20%。「0じゃないんだし」と突っ込まれたらそれまでだけど(-_-)

んで話しはまだ続いて昨日の帰り・・・屋根のない駐輪場に自転車を置いた細渕君は、雨に濡れた自転車のサドルをハンカチで拭き拭きしていました。「お前も濡れて可哀相だな、俺も気紛れな天気のお蔭で立場なしさ」と心の中で話しかけ拭き終わり、さぁ帰るぞと鍵を入れ様としましたが鍵穴が見つかりません。よく見るとそれは赤の他人の自転車Σ( ̄□ ̄;)。その隣で濡れながら佇む我が愛車「ムーミンⅢ世」・・・、生まれて初めて自転車に申し訳ないと思いました。「気付いてもらえなかった自転車の心境って一体・・・」ちびまる子ちゃんのナレーター・キートン山田さんに読んでもらいたいぐらいでしたm(_ _ )m

| | コメント (2)

2006年11月23日 (木)

布団恋しい季節です・・・

今朝は冷え込んだなぁ
(>_<。)、日中の予想最高気温も12℃だって。寒いわけだよ。頭の中で「起きなくちゃ」と思っても体は正反対に毛布を離さない。頭と体の格闘の末、目覚まし時計が鳴ってから10分後、未練がましくようやく布団から出ました。

小学生時は1年中雪が降っても半ズボンだったのに、耐えていた自分が信じられませんm(_ _;)m

| | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

天才?変人?ダリ展に行ってきました

F1000121 サルバドール・ダリ、飴の様にグニャっと曲がった時計等の絵で有名な画家。絵としては邪道?なのかもしれないが、なんであんな絵を描くの?と興味深々。上野の森美術館に行ってきました。

平日の夕方なのに凄い混み具合。昔、上野動物園でパンダ見たさに立ち止まった人で、一歩も動けない・・・大袈裟でなくそんな幼い記憶を思い出しました。で、最初のいくつかの作品を見たけれど、何故こんな絵を描くかがサッパリ分からない。絵画は自分の勝手な解釈で見れば良いものだと思うし、そこに他人がとやかくいう物ではないと思うけど、ダリは本当にサッパリ???。なので、入り口まで戻ってガイダンスのヘッドホンを借りました。絵画展で初めて借りたな・・・。と言うのも、この絵に描かれた画家の意思を明確に知りたいと思った為で、それだけ私みたいな凡人には意味不明だけど、魅力的な絵といえるでしょう。

でガイダンスを借りた結果、分かった事は・・・

続きを読む "天才?変人?ダリ展に行ってきました"

| | コメント (0)

2006年11月20日 (月)

弓を引くって、どこか変σ(^_^;)?

久々の更新でスミマセン。ブログというのは正直で、更新していないとアクセスがガクンと落ちます↓。少しでも良いので記事を書いていくと、アクセス数は伸びます。毎日コツコツと・・・「継続は力なり」ですね。

さて先日、学生時代弓道部だったAディレクターから目から鱗の話しを聞きました。弓を引くと言いますよね。あれ実際は引いていないと言う事なんですよ ( ̄□ ̄;)!!

「引くというより、前に押し出す感覚です。後ろ手(引き手)は添えるぐらいの感覚ですね」とはA君。漫画やテレビ等で「ギリギリ」と音を立てながら目一杯に弓を引くシーンがありますが、重要なのは前の手で「前が決まらないと後ろも決まらない」そうです。

引くという字が、ゆみへんを使っているから今まで引く事に何の疑いも持ちませんでした。で、引くという字を辞書で見ると、「弓と|とを合わせて弓をいっぱいに引く様子を表す」と書いてあります。昔の人も見た目で入ってしまって、弓道の本質は知らなかったのかな?。見た目だけの判断って恐いですね、勿論僕は中身で勝負の男です(笑・中身もないかな・・・)。

| | コメント (0)

2006年11月13日 (月)

喜びもつかの間( 天国と地獄) ・・・

喜びもつかの間(<br />
 天国と地獄)<br />
 ・・・

競馬のエリザベス女王杯実況の為、京都競馬場まで行ってきました。お昼過ぎまで雨が降ったり止んだりを繰り返していた京都でしたが、1時過ぎには雨は止み青空も雲の切れ間から見える中レースが行われました。写真の様に3時頃には虹も架かり、流石は牝馬(女の子)の頂上決戦、華々しく大自然も演出します(o^_^o)(薄いから見えないかなぁ)。

しかしレースはそんな華々しさとは裏腹に、優勝のカワカミプリンセスが他の馬の進路を妨害してな・なんと降着Σ( ̄□ ̄;)。GI勝馬が入れ替わるという史上2度目の大どんでん返しがありました(x_x;)。

無敗でしかも快勝だっただけ、余計に後味の悪さが残ります。ただ本田騎手の中を突いた判断は悪くなく、結果論ですがあれだけの強さなら慌てる必要もなかったのにと悔やまれます。

それだけ激しい直線だった事は、レース後のKアナウンサーとの会話が物語っています「俺にはカワカミが一瞬消えた様に見えた。いつの間にか他馬の内に入れ、馬場の中央に現れた」と。「消えた・・・」か、今までスポーツの世界的な大舞台を実況した先輩の言葉だけに重みがあります。消えて見えるぐらいの激しい動きなら 降着になってしまうのも分かる気がします(x_x;)。

競馬に勝って勝負に負けた様なものでしょうか?。私の当たったはずの馬券もただの紙切れになってしまいました。

ただあれ程に強いカワカミプリンセス。この先の限りない可能性と活躍に期待しないではいられません。真の女王はカワカミプリンセス、それだけは誰もが納得したであろうエリザベス女王杯でした。

| | コメント (1)

2006年11月 9日 (木)

何ですか?これは?

全国展開?のご当地キューピー♪。1つの地域に1種類だけじゃなく、数多くのラインナップが揃っています。Photo_13 で写真のキューピーは何処の何キューピーだと思います(^_^;?

続きを読む "何ですか?これは?"

| | コメント (4)

2006年11月 8日 (水)

気持ちのよい秋晴れです(^-^*) ♪

気持ちのよい秋晴れです(^-^*)<br />
 ♪

やや風が冷たいけれど、神谷町は雲1つない青空です。東京タワーもてっぺんまでくっきりと見る事ができます(゜▽゜)!

仕事で疲れた時などは、後ろを振り返って、東京タワーを見ています
(・_|窓 そぉ〜

| | コメント (2)

2006年11月 6日 (月)

筋道って・・・?

先日、私が担当する「外人さん大指摘爆笑日本人の急所」、「日本では思った事を言うと怒られる。物事には順序が決められていて、それを守らないと大変な事になる。だから仕事をするにも色々な人の許可が必要で、その分遅い感もする」とアメリカとブラジルの方から指摘がありました。確かに会議でいきなり自分の意見を言ったりすると、白い目で見られたりしますよね。書類の印鑑(認め印)も何人見れば気が済むのというくらいに、あちこち回るし。外人さんから見たら、あれは相当ストレスたまりそうですよね(実際私も・・・てな感じです。B型は回りくどい事嫌いでしょ?)。

で、アメリカのチャールズさんから「日本ではよく筋を通せ」と言うけど、「筋」って何?。筋肉じゃないでしょ。目に見えるものじゃないでしょ。どうやって通すの?と矢継ぎ早に質問が。この番組は、外人さん特有の突然の変化球が面白さではあるけれど、その分こちらも焦りますm(_ _;)m。

で、「答えはブログに書きます」と番組で言ってしまったので(後は続きを読むをクリックして下さいね)

続きを読む "筋道って・・・?"

| | コメント (1)

2006年11月 3日 (金)

失敗は成功の元??

携帯ジャーナリスト石川大先生の話はとても面白く分かり易く、スタッフからの評判も五つ☆!!。コメントをくれた皆さんの期待に応えたものでした。石川先生、コメントをくれた皆さん どうもありがとうm(_ _)m

さて、今日は特に何かあったわけではないので、アナウンサーの失敗例(笑)についていくつかあげていくとしましょうか(^O^;)・・・

続きを読む "失敗は成功の元??"

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »