« ツタの絡まる甲子園 | トップページ | 他の物を食べる予定が・・・ »

2006年10月 2日 (月)

凱旋門賞

昨日は深夜勤務。凱旋門賞中継のスタジオ担当、実況でなくスタジオなのに緊張するぐらい、ディープの挑戦は意義があったし、「日本初の・・・」期待が持てた。敗因は色々あると思うが、私は神経を擦り減らしてしまったのではないかと思う。慣れない環境もあるが、レースもいつもと違う展開。後ろに下げたくとも他も前に行かないスローペース。内にハリケーンランを閉じ込めながら、外のシロッコにも気を使う。そんな神経戦を制したところで、レイルリンクの大外強襲。流石のディープにもそれをはねのける力は残っていなかったのだろう。続く・・・

メイショウドトウの安田康騎手が天皇賞で「他が逃げないから逃げてしまったが、馬が慣れない展開で気を使って集中力を欠いていた」と言っていた。草食動物は、常に身の危険はないかと周囲に神経を擦り減らしている。ディープがいかに天馬と言えど、激しいレースの中で精神の限界がきてしまった。またそれだけの死闘だったとも言える。

エルコンドルパサー、ディープインパクト2頭の翼を持つ馬でも飛び越せなかった凱旋門。これから先、まだ見ぬ名馬に期待したいと思う!!。ありがとうディープインパクト!!

|

« ツタの絡まる甲子園 | トップページ | 他の物を食べる予定が・・・ »

競馬&野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツタの絡まる甲子園 | トップページ | 他の物を食べる予定が・・・ »