« 世にも悔しい物語・・・ | トップページ | 献血に行ったけど・・・ »

2006年5月11日 (木)

SPORTSの定義

皆さん運動していますか?。僕はサッパリです・・・。というか、ストレッチのやり過ぎで、肩を痛めたというかなり間抜けな経験の持ち主です、な情けない (T-T)。これでも一応、大学時代にラグビーをしていたんですけどね・・・。

そんな学生時代の面影はさっぱりの私ですが、様々なスポーツに興味があります。でも今は、見ているだけ・・・。私と同じ人も多いでしょう。でも私を始めとするそんな方々も知らず知らずのうちにスポーツをしているのです。

「体動かしていないよ!!」と突っ込む前に、ではSPORTSの定義について知っていますか?。とにかくビックリの話!!。上智大学・師岡文男教授(世界フライングディスク連盟理事を始め、日本の世界のスポーツ界には欠かせない方です)にご出演願いましょう。その興味深いお話は、続きを読むをクリック~!!

スポーツでなく、SPORTSと英語にしたのは、その語源を知って頂くため。

「SPORTはラテン語のDEPORATEを語源にしています。de(=away)離れる+portare(=carry)運ぶ→SPORT なのです。DEPORATEは日常の労働から心と体を解放し、楽しみ遊ぶ事。普段と違う気分になれるのがスポーツです」と師岡先生。

楽しみ、遊ぶ事なんですよ!!。日本ではこの概念は薄いけれど、世界ではスポーツの定義を幅広く捉えています。辞書でSPORTを調べると、「娯楽・楽しみ・気晴らし」の意味が載っています

トランプやチェスもスポーツなのです。チェスはIOC(国際オリンピック委員会)の公認スポーツですよ。麻雀より囲碁が世界では、はやっていますね。囲碁は98カ国で協会ができています。スポーツの世界的な会議に向う飛行機の中で、隣に座っていたフランス人の夫婦がマグネット囲碁をしていたのには驚きました。08年には囲碁等のマインド(知的)スポーツオリンピックも開かれます」

きょ教授ー、麻雀なら私も昨日しましたよー(笑)。マインドスポーツなんですね!!。でも教授、ビール飲みながらの麻雀、良いんですか?

「ビールを飲む事も心と体を解放する事です。なので、体を動かした後に飲むビール。仲間との談笑。これも立派なスポーツの1つです」

麻雀にビールが良いかは別にして、運動後のビールは気分爽快。スポーツの枠に入るのですね。グビグビッ( ̄▽ ̄)/⊂□!!

「日本人はとかく狭くスポーツを捉えてきました。その意識を改革していかなくてはいけません。スポーツはもっと「手軽」「楽しい」これを前面に押し出していくべきです」

どうです、皆さん。スポーツしていませんか??。「私は昨日3時間スポーツしました(笑・麻雀)」と言ったら・・・、教授これはちょっと幅広く捉えすぎですかねぇσ(^_^;)?

師岡教授のお話を来週も公開します。次のテーマは「スポーツ・フォー・オール」という考え方。日本では馴染みのない言葉ですが、誰もがスポーツを楽しみ、且つ世界に通じるトップアスリートを作る上でも必要な考え方。またまた目から鱗です!!

|

« 世にも悔しい物語・・・ | トップページ | 献血に行ったけど・・・ »

VIVAスポーツ!!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177287/10016375

この記事へのトラックバック一覧です: SPORTSの定義:

« 世にも悔しい物語・・・ | トップページ | 献血に行ったけど・・・ »